愛媛県産養殖真鯛 社長挨拶|安高水産

 
より安全性を高めるための独自の飼料、こだわりをご覧ください。 安高水産の飼育環境をご覧いただけます。 鮮度を保つための取組みはこちらからご覧になれます。
 
飼育環境
*
抜群の漁場環境・地理条件
外洋に面した漁場
透明度の高い水質
ゆったりした大型小割
漁場環境保全への取り組み
*
フォトギャラリー | 出荷風景・飼育環境など 業者様専用コンテンツ | 生産履歴・試験成績表など 真鯛のお料理レシピ Flash Playerはこちらから


足摺・宇和海国立公園を臨む抜群の真鯛養殖環境 愛媛県の最南端、黒潮のめぐる太平洋と波打つ豊後水道をひかえ、緑をなす山々に囲まれた愛南町ふかうら湾。昭和40年に宇和海特殊海中資源群として県天然記念物に指定され、昭和47年に国立公園に指定された、環境抜群の海域。 気候・地形も水深50〜60m、水温は冬季17℃、夏季28℃と鯛の肉質に適度な刺激が与えられる好環境です。 安高水産では類を見ない最高の環境で安全・安心、最高の肉質にこだわった養殖マダイを飼育しております。


潮の入れ替わりが良い外洋に面した漁場 安高水産では真鯛の養殖に、より水質の良い漁場を求め黒潮が流れる太平洋の外洋に面した海域に真鯛漁場を設けています。
酸素の含有率も一定して高く、赤潮の被害が無く真鯛を飼育するのに抜群の環境です。
安高水産 漁場付近の海流マップ
海流マップ
安高水産 漁場風景
漁場風景

透明度の高い澄んだ水質 黒潮と豊かな自然に囲まれた環境のおかげで、非常に透明度の高い最高の水質に恵まれています。
また、より良い飼育環境を求め外洋に面した海域に漁場を設置するため、台風や時化といった厳しい気候条件から生簀を守れる、海上に金属フレームがない沈下式の小割を使用しています。
しけの日の真鯛漁場風景
時化の日の風景
波・風が強くフレームを水面に設置するタイプの生簀は壊れてしまう危険性があります。弊社では悪天候でも影響の少ない海中に沈下式の生簀で飼育しています。
安高水産が実際に真鯛を養殖している漁場の海中写真
弊社小割 水中風景

ゆったりとした大型いけすでのびのびと真鯛を飼育 魚に適度な運動をさせるためには広い空間が必要になります。
人が満員電車に乗るとストレスを感じるように、魚もすし詰めで飼育するとストレスがかかってしまい良くありません。 魚1匹づつがストレスを感じないように育てるためにも大型の小割で密度を抑える必要があります。 弊社では20mx20mx15mの沈下式の大型小割を使用しています。



安全な真鯛を養殖するための漁場環境保全への取り組み きれいな海で安全な魚を育て全国のみなさまにおいしく召し上がって頂く事が安高水産の願いです。
足摺・宇和海国立公園に面する弊社の漁場の水質は国立公園に指定されているほど、とても美しい水質環境ですが、美しい環境を維持し後世に遺していくために水質検査、漁場環境改善などにも力を入れて取り組んでおります。